鼻の下にニキビができる原因

MENU

鼻の下にニキビができる原因

大人ニキビで悩んだことがある人の中にはきっと、口の周りや鼻の下に出来てなかなか治らないものに出くわしたことがある人が多いのではないでしょうか。

特に顔にできるニキビの中でも、鼻の下や口元など、体の中心にできるニキビは内臓からの不調を訴えているものも多く、鼻の下や口の周りには皮脂腺も多く集まっているため一度炎症が起きてしまうとなかなかおさまらず、ニキビ自体も治りにくいという特徴のあるものが多いです。

そして、基本的に大人ニキビはホルモンバランスの崩れが原因で起こることが多く、中でも男性ホルモンの影響を多大に受けているといいます。
男性ホルモンには角栓を作り上げ毛穴を皮脂や角栓で詰まらせてしまったり、皮脂の分泌を促進するする働きもあるため、女性であればまずはホルモンバランスを整え男性ホルモンの働きよりも女性ホルモン働きを活性化することも大人ニキビの治療法の一つとしては大切になってきます。

ホルモンバランスが崩れる主な原因は、
・精神的なストレスや疲労
・偏った食生活
・不規則な生活
などから来るものが多く、不規則な生活や食生活が原因の場合はまずはそれらの改善から、そして精神的なストレスや疲労の蓄積などが原因の場合はまずはそのストレスの原因を取り除いたり、疲労感が取れないなどであればまずは心身ともにリラックスできる環境を作る(なかなかこれが難しいのですが)などして改善に導いていくしか方法がありません。

ヒトはストレスが溜まっていくと副交感神経より交感神経の方が優位に働き、またそのせいで女性ホルモンの分泌が抑制されてしまい男性ホルモンが優位になってしまいます。
最近ストレスが溜まっているな、そのせいで吹き出物ができてしまったな、という場合は、まず毎日の生活リズムや食生活を良く見直し、副交感神経が優位になるようにリラックスし女性ホルモンの働きを良くすることが大切です。

鼻の下や口元にできたニキビに効く基礎化粧品

ほとんどの女性が毎朝毎晩、化粧水や乳液を使ってお肌のお手入れをしている事と思います。
男性は何も塗らない、何もしない、という人が圧倒的に多いですが、中には美意識の高い男性や、敏感肌で何か保湿するものをつけないとお肌が荒れてしまう、なんて人もいると思います。

大人ニキビの治療には、自分で毎朝毎晩できる基礎化粧品でのセルフケアの対処法と、あまりにもニキビが重症化するようであれば皮膚科にかかるという方法もありますが、できることならば通院の手間も省け自宅で簡単にできるセルフケアで大人ニキビを治すことができれば、それが一番良いですよね。

頬や額にできるようなニキビとは違い、鼻の下や口元のニキビはなかなか治りづらく一度炎症を起こすとおさまりにくいですが、適切な基礎化粧品を使用することで通常よりも短時間で改善する可能性もあります。
ここでおススメしたいのが、b.glen(ビーグレン)というブランドの基礎化粧品です。

b.glen(ビーグレン)は普通の化粧品メーカーが販売しているような商品ではなく、大学などの医療研究機関や医療や薬品関係の専門機関でしっかり研究され、科学的に根拠のある効果のあある成分や技術を駆使して作られている‘サイエンスコスメ’と呼ばれるカテゴリーに属するもの。
b.glen(ビーグレン)の開発責任者はブライアン・ケラー(Brian C.Keller)という科学者、研究者で、彼はガンといったような遺伝性の高い病気の治療に用いる薬を患部に的確に運び届けるための技術研究を重ね、DDS(ドラッグデリバリーシステム)の第一人者です。

ビーグレン ニキビケアプログラム

ビーグレンの商品カテゴリーには、肌の悩み別(シミ、毛穴の開き、ほうれい線、ニキビ跡やニキビ、テカり、角栓など)に数種類のラインナップが用意されていますが、ここで一番おすすめなのはニキビケア用に用意されているラインです。

使用順別に洗顔料であるクレイウォッシュ、化粧水のクレイローション、美容液のCセラム、美容液のあとのクリームであるQuSomeモイスチャーゲルクリーム、の4ステップ。

洗顔料:クレイウォッシュ
まずは洗顔料のクレイウォッシュですが、テカり、乾燥、敏感肌、ニキビ、毛穴のケアなどに効果があります。
クレイと名の付くぐらいですから、皆さまもお察しのとおり、主成分は天然クレイのモンモリロナイトです。

このモンモリロナイトには、肌に必要な皮脂はしっかりそのまま残し、メイク汚れ、垢やニキビ菌などの汚れや古い角質など肌から不要になった不純物、老廃物のみを吸着して落としてくれるという特徴があり、肌荒れを防ぎお肌の水分をしっかり保持しなめらかな肌に仕上げてくれます。
テクスチャーは白いクリーム状で、泡切れもよくふっくらした透明感のあるお肌へと導いてくれます。

化粧水:クレイローション
クレイウォッシュの次に使用するのが、化粧水であるクレイローションです。
こちらもニキビ、肌荒れ、乾燥、敏感肌、脂性などに効果を発揮してくれ、天然クレイと肌荒れを防ぐ成分であるグリチルリチンさんジカリウムという成分でしっかりと肌に保護膜を張ってくれます。
カミツレエキス、ヒアルロン酸、納豆エキス、オウゴンエキスも配合されお肌に潤いをしっかり閉じ込めてくれます。
テクスチャーはとろみ系ですが、お肌にすっと馴染むのでべたつかず使い心地も抜群です。

美容液:Cセラム
次に使用するのが美容液のCセラムです。
ハリ、皮脂、透明感、テカり、毛穴などに効果を発揮してくれ、ピュアビタミンCと成分をい包んで逃がさないQuSome(キューソーム)というもので成分を安定させ、肌の奥底までしっかり留めて効果を持続させてくれます。
色は透明で、ベタつかずお肌に吸い付くようにサラっとなじむのが特徴です。

ゲル:QuSomeモイスチャーゲルクリーム
お手入れの仕上げに使用するのがQuSomeモイスチャーゲルクリームです。
しわ、たるみ、ニキビ、毛穴、乾燥に効果があり、いくら保湿をしても乾燥してしまう、といったような極度の乾燥肌の人にもおススメできるほど潤い力の高いクリームです。
Cセラム同様にQuSome(キューソーム)という独自のテクノロジーを応用した複合成分で、お肌に潤いを蓄えるアクアタイド、お肌に若さを与えてくれるアリスチンや潤い成分であるコラーゲンやヒアルロン酸なども配合されています。
ニキビ予防、ニキビ治療にだけでなく、エイジングケアにも使用できる優れものです。

それでは気になるお値段は、

  • クレイウォッシュ:3900円
  • クレイローション:3700円
  • Cセラム:4700円
  • QuSomeモイスチャーゲルクリーム:6,000円

美容液であるCセラムが15mlしか入っていなくて5076円(税込み)もするので、ちょっとい高いなぁと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、化粧水や乳液に至ってはドラッグストアや化粧品カウンターの店頭で販売されているような市販の商品とあまり価格も変わらず(むしろちょっと安い?!)良心的な常識の範囲の価格設定といえそうです。

でも、いきなり現品を購入するのはオススメできません。
いくらよい商品でも体質によって合う、合わないが多少ありますので、まずは「ニキビケアトライアルセット」で試してみましょう。

約4,422円分のセットが1,800円で購入できます。
さらに、勧誘の電話はしないということなので、初めての方でも安心して試せる商品ですよ。


詳しくはこちら⇒ビーグレン



しつこい鼻の下ニキビや口元ニキビにも効果が期待できる一押しのニキビケア商品です。

b.glenはサイエンスコスメと呼ばれている、専門機関などが科学的に効果があると証明できる方法や成分を使って製造している、‘化粧品’と呼ぶよりも‘医薬品’のようなもの。
安全の基準も十分満たした基礎化粧品なので、ニキビができているようなデリケートな状態のお肌にも安心して使用することができますね。