ニキビの潰し方

MENU

潰していいニキビがある?

様々な世代で美肌の強敵となるのがニキビです。
思春期から大人まで、幅広い年齢層で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

私も、10代からニキビに悩んでおり、様々な治療を試してきました。
主な治療法として、皮膚科やニキビ用スキンケア用品の使用を試してきました。

一方でニキビを潰すことは逆に肌の状態を悪化させるという認識があり、普段から潰さないように気をつけていました。
しかし、実際潰した方がいいニキビがあることを20代になり初めて知りました。

潰した方がいいニキビとしてあげられるのが化膿ニキビです。
化膿ニキビとは多くの方が経験したことがあると思いますが、皮膚上に白い膿が現れるニキビのことです。
白や黄色のニキビで、大きさも大きいため、ファンデーションや下地でもなかなか隠れず、顔にできることが多いので目立ってしまいます。

また、化膿ニキビになると、ニキビの原因といわれるアクネ菌だけでなく、ブドウ球菌が増殖しているために痛みを感じます。
そのため、ほとんどの方が潰したいと思うでしょう。
私も、指でついつい潰したくなっていました。
実は、それが化膿ニキビには効果的な方法となります。

化膿ニキビは、炎症を起こした際に、細菌などと戦うため体内で活躍した白血球の死骸によってできたものです。
体内への進出を防いでくれたものとはいっても、膿になってしまうと反対に体に害を及ぼすものとなってしまいます。

多くのニキビでは自然治癒やスキんケアによって治すことがほとんどです。
しかし一方で、化膿ニキビは膿を体内から早く追い出すことが重要となり、追い出す方法としては潰すことが効果的といわれているのです。

時間が経つと悪化してしまい、さらに治りにくいニキビになってしまうこともあります。
皮膚科やニキビ用スキンケアによって治療するニキビとは違い、潰さないと治らないニキビが化膿ニキビです。

もちろん、ただ潰すだけでは跡になってしまったり、悪化してしまう可能性もあります。
潰したいと思い、むやみやたらに触ったり強引に潰すことはおすすめしません。
きちんと清潔な状態を保ち、正しい潰し方でニキビを治すことが必要です。

ニキビを潰してしまったら?

化膿ニキビなど毛穴に有害なものがある場合は、ニキビを潰すことがニキビの改善に繋がることがあります。
しかし、潰し方に失敗したり、洗顔中に潰れてしまうこともあります。
その際に、潰れたままの状態や失敗した状態でニキビを放置してしまうと、ニキビ跡になってしまったり、治りにくくなることが多くあります。

私も、ニキビの潰し方に失敗し、今でもおでこにニキビ跡が残っています。
だからといって諦める必要はありません。
正しい対処法で治していくことが大切になります。

ニキビを潰すことに失敗してしまったり、潰してはいけないニキビを潰してしまうと、逆にニキビが大きくなり、腫れることがあります。
これは、ニキビを潰すことや失敗することにより、手に付着している雑菌からニキビの炎症がひどくなり発生してしまう現象です。

炎症がひどく腫れたニキビは、赤くなったり、今までより痛みが増してしまいます。
そのため、再度無理やり潰してしまう人も多く、なかなかニキビが治らず長い期間悩み続けるという悪循環に陥ってしまいます。

また、潰し方に失敗をすると、血が出てしまい、かさぶたになってしまうこともあります。
お肌にかさぶたがあるとどうしても目立ってしまいますし、痒くなってしまうため、剥がしてしまいがちです。
かさぶた自体は、治りがすすんでいくと自然に剥がれるものです。
それを無理やり剥がしてしまっては、雑菌が入り、腫れたニキビ同様さらに悪化がすすんでしまいます。

このように潰し方に失敗をしてしまうと、どうしても悪循環に引き込まれがちになります。
この悪循環を断ち切るために1番大切なのが、触らないということです。
腫れたニキビもかさぶたになってしまったニキビも、言わば顔が怪我しているような状態です。
ニキビをむやみやたらに触らず、自然治癒に任せることが1番肌にはいいのです。

一方で、顔の肌は他の体の肌と違って、非常にデリケートです。
そのため、アルコールなどの消毒液はさらに肌を悪化させてしまします。
ニキビの潰し方に失敗してしまったら、焦らず、肌の治癒力やターンオーバーにお任せすることが大事なのです。

ニキビの正しい潰し方

潰した方がいいニキビがあるとはいうものの、正しいニキビの潰し方を知ってる人は多くないでしょう。
実際、指で無理やり膿や汚れを出すのと正しい処方の仕方では何が違うのかを説明していきます。

ほとんどのニキビは白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビといった順で肌に悪影響を与えていきます。
白ニキビは皮脂や角質などからニキビができる状態ですが、黄色ニキビになってしまうと膿がたまった状態になってしまいます。
黄ニキビまでなってしまうと体に害を与えるものになるので、潰して体外に押し出すことが必要になってきます。

一方で赤ニキビの場合は炎症を起している状態のため、むやみに潰してしまうとさらなる悪化の原因となってしまいます。
そのため、正しくニキビを潰すには、膿が出るのを待って正しいタイミングで潰すことが重要なのです。

ニキビ自体は、アクネ菌やブドウ球菌が増殖することでできてしまう吹き出物です。
炎症をおこしているため、正しくニキビを潰さなければ、さらにニキビが増えたり、大きくなってしまいます。
むやみやたらに潰したり、触ったりしてしまうと、巨大ニキビができてしまいます。
毛穴を守っている皮脂や皮膚をはいでしまうと、さらに雑菌が入り込んでしまい、ニキビが巨大化していくのです。

雑菌の侵入を防ぐためにも、潰すタイミングの他に、清潔な道具を使うことと力を入れすぎないということが重要になってきます。
不潔な道具を使っていては、逆に悪化をしてしまいます。
消毒した道具で、肌への影響を最小限に抑えることが重要です。

また、ニキビを潰す際には、力の加減に気をつけなければなりません。
ニキビを潰す目的は、膿を取り出すことです。
すべてを取り出そうとしてしまい、血が出てしまったり、肌に必要な皮脂まででてしまった経験がある方も多いはずです。
力をゆるく入れ、膿のみをとりだすように潰してください。
このように正しいニキビの潰し方には、タイミングと清潔な道具、力加減に気をつけることがポイントとなります。

ニキビ・吹き出物をつぶすタイミング

ニキビを潰す治療法には、正しい潰し方をマスターする必要があります。
私は、潰し方をマスターしていなかったため、ニキビ跡として残っているものがあります。

潰し方に次いで気をつけないといけないのが、ニキビを潰すタイミングです。
ニキビは潰すタイミングが合わなければ、正しい潰し方をしたとしても綺麗にはなりません。
では、潰すべきタイミングはいつなのでしょうか。

誤った潰すタイミングとしてよく挙げられるのが、赤ニキビの時に潰してしまうことです。
赤ニキビは炎症する初期段階で、潰すことによってさらにニキビが増えたり、ニキビが大きくなってしまう可能性があります。

そのため、潰した時には、膿ではなく、血が出てしまいます。血が出てしまうとさらに炎症がすすみ、傷になったりニキビ痕として残ることがあります。
また雑菌の侵食で新たにニキビができてしまうことも少なくありません。
赤ニキビは、膿が皮膚の表面に出ているニキビとは違い、中で炎症をおこしています。
赤ニキビは黄色ニキビと違って、芯が見えていないしこりニキビができています。

そのため、奥に入っている芯や膿を取り出そうとしてしまうと、肌自体を傷つけてしまうのです。
赤ニキビになってしまった場合は、きちんと膿や芯が見える状態まで待って、潰すことが重要になってきます。

また、白ニキビや黒ニキビも正しいニキビの潰し方を心がけていれば、潰して治すことも可能です。
白ニキビや黒ニキビは、不要な皮脂が詰まっている段階です。
炎症を起こす前状況のため、むしろ皮脂を出してしまった方が治りが早くなることもあります。

もちろん自然治癒での治りも早いです。
そうは言っても、白ニキビや黒ニキビ、黄色ニキビを潰す時も、正しい潰し方を心がけなければ、意味がありません。
しっかりとタイミングを把握し、無理に潰そうとしないことが重要です。

このように、ニキビを潰すタイミングとして重要なことは、しこりニキビとなっている赤ニキビの時には、絶対にニキビを潰さないということです。
避けるべきタイミングを見極めることは、正しくニキビを潰す際に欠かせません。

ニキビをつぶす道具・器具

正しい潰し方としてタイミングを見極めることの次に重要なのが、清潔に消毒された道具や器具を使うということです。
不潔な道具を使っては、悪化も免れません。
道具をきちんと消毒し、手も清潔にしておくことが大切です。

とはいえ、道具は特別なものを使いません。
先端の尖っている針や爪楊枝、清潔なガーゼやティッシュ、傷薬に使う軟膏の3つです。
傷薬に使うとは言っても、あまり刺激の強いものは逆に肌に悪影響を与えるので、できるだけ肌に優しいものを使います。

まずは、消毒した針や爪楊枝で、表面を刺します。
針の消毒は、ライターで火であぶったり、熱湯に先端をつけたりと、比較的どこでもできる方法で問題はなく、お手軽にニキビを潰すことができます。

しかしこの段階では針の刺し方に注意し、あくまでも表面のみを刺してください。
あまり奥まで刺してしまうと、傷になったり血が出てしまう恐れがあります。
物足りないと感じる方も多いと思いますが、ニキビを潰すには少し触れるくらいの力が丁度いいといえます。

また、お風呂上がりなど、顔の肌が柔らかくなっているときに刺すと、なおニキビへの負担を抑えることができます。
刺した後、手でニキビを押し出す際も、力加減には十分な注意が必要です。

皮脂や血が出ないようにするため、爪で押さず、指の腹でゆるく押すのがおすすめです。
その際も、手から雑菌がうつらないようお風呂上がりや手を洗った状態で、潰すことが前提となります。

さらに、現在は針や爪楊枝以外にも、ニキビを潰すための専用器具も発売されています。
ニキビを潰すための器具のため、綺麗に皮脂や膿などを取り除くことができます。
肌に押し当てて使用するため、白ニキビや黒ニキビといった、比較的押し出しにくいタイミングでも、最小限の力で取り除くことができます。

しかし、針と同様、過度に力を入れてしまっては、肌を傷つけてしまいます。
必要なものまで取り出してしまわないよう注意をしなければなりません。

ニキビを潰した後のケア

正しくニキビを潰せたとしても忘れてしまいがちなのが、ニキビを潰した後のケアです。
ケアを怠ると様々なアクシデントが肌に降りかかります。

例えば、膿のみを除去し、ニキビの元となっている角栓であるコメドやニキビの芯などを残したままケアを忘れてしまったとします。
そうなると、ニキビの原因は残ったままになるので、結果的に新しいニキビが発生してしまうのです。
また、コメドや芯をきちんと取り除けたとしても、毛穴が開いたままだと雑菌が入ってしまい、ニキビが悪化することもあります。

このような悪化を防ぐためにも、ニキビを潰した後のアフターケアが非常に重要になります。
まず、膿を清潔なガーゼやティッシュで拭きとることが大切です。
出し残した膿があると、新しいニキビに成長してしまします。

それを防ぐためにも、はじめに膿を完全に拭き取り、ニキビ周りを清潔な状態にしてあげるのです。
そして、最後はスキンケア用品や軟膏などを使用し、ニキビのケアを徹底する必要があります。

基本的なスキンケアとしては、開いてしまった毛穴を引き締める化粧水などがおすすめです。
毛穴が開いた状態では、やはり雑菌が入ってしまいます。
早くニキビを治すためにも、毛穴を引き締めてくれる化粧水はお勧めです。

また、軟膏には怪我をしてしまった時と同様、炎症を抑える効果があります。
ニキビを潰したことによって、肌は非常にデリケートになっています。
そのため、少しの刺激でも炎症を発生してしまう可能性もあるのです。
このように、化粧水や軟膏によって、外からの雑菌を防ぎ、内側の炎症をしっかり押さえることが、必要となります。

ニキビのアフターケアとして、以上のことが最も重要なケアなりますが、これはあくまでも生活習慣や洗顔など当たり前のことをしっかり実行していることが前提となります。
十分な睡眠や、規則正しい生活、清潔な状態での洗顔などを心がけて、初めてアフターケアの効果が出てきます。
慎重なアフターケアと規則正しい生活が、ニキビの改善につながるのです。

皮膚科でニキビを潰す

自分でニキビを潰す以外にも、皮膚科でニキビを潰すという方法もあります。
結局、潰すという治療法には変わりはないので、やっていることはほとんど変わりません。

しかし、経験も知識も豊富なお医者さんにやってもらったほうが安心ではありますし、失敗する確率というとも圧倒的に減ります。
また、清潔な針や器具を使用しているため、器具から雑菌が入ることもありません。
医療機関の場合は、手で膿などを押し出すのではなく、専用の器具を使って押し出してくれるところもあります。

さらに近年では、針などの器具ではなく、熱で毛穴を開き、ニキビを潰す治療も増えています。
熱を加えることで、雑菌を殺すのでさらに効果が期待できます。
自分でニキビを潰すのが不安な方や、ニキビを潰すのが初めての方は皮膚科に行って潰してもらうのも一つの手です。

さらに皮膚科では、その後の薬を処方してくれるところも多くあります。
潰した後、炎症を抑える塗り薬、ホルモンやビタミン、内側から改善していく飲み薬など、様々な種類の薬を処方してくれます。
一方で、皮膚科でもらう薬には注意点や副作用も多いので、しっかりと注意事項を守ることが、ニキビ改善の最低条件と言えます。

このように、皮膚科での治療は自分で潰す方法とさほど変わらない治療法ですが、自分で潰すよりも失敗する確率は減るでしょう。
また、肌の状態を見ながら薬を処方してもらえるので、効果も出やすいといえます。

しかし、ニキビはホルモンバランスや精神面など様々な要因で引き起こされます。
絶対に治してもらえると過度な期待をして皮膚科に行くのではなく、正しい方法で治療してもらうために皮膚科に行くという意識で診てもらうことが重要となります。

また、皮膚科で潰してもらって終わりではなく、自分でアフターケアをするときと同様、使用法を守って薬を処方する、顔を洗うときには清潔な手で洗う、規則正しい生活を送るなど、自分でアフターケアを徹底していくこともニキビの早期治療に繋がるのです。