ピルでニキビ

MENU

ピルで肌荒れ・ニキビが治る

皮膚科のニキビ治療として、潰すことと薬での処方が多くの方に知られています。
私自身も皮膚科に通院していた時、薬の処方でニキビを治して行きました。
これらの2つの治療法は、皮膚の表面や外側から改善していく方法です。

しかし、表面や外側からの治療だけでは、治らないニキビもあるのも事実です。
そこでここでは、外から治療する塗り薬ではなく、内側から肌を改善していくピルに注目していきます。

肌は、外の雑菌から吹き出物ができたりニキビができてしまうことが多くあります。
しかし、同様にホルモンバランスや生活習慣の要因が大きく関係しています。
思春期になって第二次性徴が始まると、ニキビができることと同じように、大人ニキビもホルモンバランスや生活習慣の影響を大きく受けます。

また女性の場合、生理周期によって、ホルモンの分泌バランスに変化があるため、肌の調子も変わっていきます。
特に、大人ニキビの場合、男性ホルモンやそれに似たホルモンの働きによって、悪化したり増えたりします。

実際、男性ホルモンは、皮脂分泌を促すため、ニキビや吹き出物に発達しやすくなります。
そのため、スキンケアやニキビを潰すことでは、なかなか改善できない場合もあるのです。

ピルで肌荒れ改善

そこで、活躍するのが内側から改善できる低容量のピルです。
ピルには、生理痛の痛みを抑えたり、生理周期を整える役割があります。
これは、ホルモンバランスを整えることで、効果を発揮しているのです。
そのため、男性ホルモンの働きを抑えることができるので、同時に皮脂分泌の活性化を抑えることができ、肌荒れの改善にもつながります。

ピルが、男性ホルモンの働きを抑えるにあたって、重要な役割をするのが女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンです。
特に、エストロゲンは美肌ホルモンとも呼ばれ、エストロゲンのサプリも作られています。

実際、エストロゲンの分泌は生理周期によって、その量が変わります。
生理が終わる頃から量が増えますが、生理が始まる少し前には、大きく減少してしまいます。
生理前に体の調子が悪くなったり、肌が荒れてしまうと言われるのは、エストロゲンの分泌量が減少していることが大きく関係しているのです。

ピルで女性ホルモンの活性化を促し、エストロゲンの分泌量を増やすことは、肌荒れ防止にも効果的であることが分かります。
また男性ホルモンが皮脂分泌を活性化させる働きを持っていることとは逆に、エストロゲンは皮脂の分泌を抑える働きを持っています。
そのため、生理前特有の肌荒れも抑えることができるのです。

このように、ホルモンバランスを整えることは、肌荒れの改善に大きく影響します。
しかし、自分でホルモンバランスを整えるには、限界があります。
そういう時にこそ、ピルを利用し、内側から肌あれを改善していくことが必要だといえます。

ピルでニキビ治療もできるって本当?

ピルで生理前の肌あれを改善できることは分かりました。
しかし、それ以外の肌荒れや、なかなか治らない大人ニキビに悩まされる人も多いはずです。

実は、ピルは生理前の肌あれだけでなく、大人ニキビを改善する効果もあります。
ピルは、ニキビができてから治療するのではなく、ニキビの再発を減らすホルモン治療と言われています。
言い換えれば、内側からニキビの原因の根本となるものを減らしていくということです。

そのため、生理前の肌荒れはもちろん、ニキビの根本から改善していくので、なかなか治らない大人ニキビにも、効果があるのです。

さらに、ニキビだけでなく、ニキビ痕の改善にもピルは大きな役割を果たします。
ニキビ痕は、ニキビを無理やり潰してしまったり、傷つけてしまってできてしまいます。

しかし、すぐにニキビ痕が改善する人と、そうでない人がいて、改善には個人差があります。
この差は、肌のターンオーバ−のバランスによってできているのです。

ターンオーバーとは、簡単に言えば、肌の新陳代謝です。
代謝が活発な人であれば、新しい細胞が早くに作られニキビ痕も目立たなくなります。
しかし、代謝が活発でない人は、いつまで経っても古い細胞が残ったままで、なかなかニキビ跡が治りません。

このように、肌のターンオーバーはニキビ痕に大きく関わっているのです。
では、何故、ピルを服用することがニキビ痕の改善につながるかというと、女性ホルモンは肌のターンオーバーに大きな影響を与えているのです。
肌のターンオーバーは、生理前の肌荒れと同様、生理周期によってバランスが乱れます。

そのため、女性ホルモンの分泌量が大きく関わっています。
ホルモンバランスがくずれることで、ターンオーバーのバランスがくずれてしまうのです。
つまり、ホルモンのバランスを整えることは、直接ニキビ痕の改善につながっており、内側から整えることが非常に重要であることがわかります。

つまり、ピルの服用は生理前ではなく、日常的な肌の悩みにも効果的です。
多くの人が悩んでる頑固な大人ニキビや、なかなか治らないニキビ痕の改善にもつながっているのです。

ニキビに効く低用量ピルとは?

普段避妊薬として認知されている低用量ピルは、ニキビや肌荒れにも効果があり、肌荒れ改善のため購入する人も増えてきています。

しかし、実際はどのようなピルを服用すればいいのか分からない方も多いと思います。
初めての人や不安な人は、独断で決めてしまうのではなく、お医者さんに肌の悩みや状態をきちんとした上で、選んでもらうのが安心です。
それを前提とした上で参考に、肌荒れに効果があった、ニキビが治ったと評判のいい3つの低用量ピルを紹介します。

実は日本で認められているピルは数種類しかありません。
その中でも、マーベロン、ファボワール、トリキュラーは多くの人に知られ、ニキビの改善にも効果が出ています。
まずは、マーベロンから紹介していきます。

マーベロンは日本で認められている低用量ピルの中でも、最もエストロゲンの配合が少なく、副作用の危険が他の製品よりも圧倒的に少ないです。
しかし、男性ホルモンを抑制する働きをしっかりしてくれるので、ニキビ改善にも非常に効果的です。
また、服用する薬が一種類のため、複雑な制限もありません。
そのため、初めてピルを服用する方や副作用が心配な方も安心して服用することができます。

マーベロンとよく似ていると言われるのが、ファボワールです。マーべロン同様、エストロゲンの配合が少ないため、吐き気や頭痛の副作用が抑えられます。
また、1種類の薬の服用になるので、初めての人でも扱いやすいのが特徴です。
ファボワールはマーベロンより価格がお得になっており、購入しやすいのが特徴となっています。
低用量ピルを試しに使ってみたいけど、副作用が不安という人にはぴったりの製品です。

マーベロンとファボワールは、ゲストデンやデソゲストレルのような黄体ホルモンを用いたピルで、第三世代と呼ばれています。
一方で、これから紹介するトリキュラーはレボノルゲストレルという黄体ホルモンを用いた第2世代と言われる低用量ピルです。
トリキュラーの場合、3相性ピルと言われるタイプで、飲み間違いや、順番に気をつけなければなりません。

しかし、ホルモンの成分量が3段階に変化し、女性の生理周期のサイクルに似るような状態に持っていくことができます。
そのため、体に負担をかけることなくホルモンバランスを整えることができ、無理なく肌の状態も整えることができます。

このように、低用量ピルそれぞれに特徴があり、メリットもそれぞれ異なります。
自分の生活や体の状態をしっかり考慮し、自分にあった低用量ピルを見極めることが非常に重要になります。

ピルでニキビ・肌荒れが悪化する可能性も

低用量ピルは、ホルモンバランスを整え、肌荒れやニキビの改善、ニキビ跡を目立たなくすることなど、肌にいい影響を与えてくれます。
また、最近では初めての服用する方にも、使いやすいものが増えてきています。

このように、メリットが非常に多いのですが、これは、服用する際の注意事項をしっかり守ることが大前提となります。
注意事項を守らず自己流で服用しては、むしろ、肌荒れやニキビが悪化してしまうことがあるのです。

初めての方によくある失敗が、ピルの飲み忘れや服用する時間帯を守らないということです。
ピルは従来、避妊のために服用するものです。
きちんと時間を守らなければ、体調に悪影響を及ぼすこともあります。

最大限副作用が抑えられているピルを服用したとしても、正しく服用しなければ、腹痛や不正出血、吐き気などを催すリスクが高くなります。
さらに、せっかく低用量で整えていたホルモンバランスが急にくずれ、肌にも影響を与えます。吹き出物ができたり、ニキビが増えたりと肌の状態が悪化することも考えられます。

これは、ピルをやめる際にも同じことが言えます。
ピルをやめるとなると、今まで抑えてきた男性ホルモンが急に活発化し始めます。
つまり、皮脂の分泌量が急激に増えてしまうということです。
その影響で、アクネ菌が増殖し、ニキビができはじめてしまうのです。

ピルをやめたらニキビができるといわれるのはこのようにホルモンのバランスが大きく関係しているからと言えます。
ピルによる肌荒れやニキビの悪化は、注意事項や使用方法を守らないことで引き起こされます。
また、ピルの副作用を辞める際も、勝手に自己判断をしてしまったら、肌だけでなく体にも悪影響を及ぼしかねません。

一方で、体に合わない低用量ピルの服用でも、同じことが起こります。
元々ピルはニキビや肌荒れ改善のものではなく、ホルモンバランスを調整するものです。
そのため、ピルの成分やホルモン量が合わなければ、肌荒れやニキビを引き起こすことになってしまうのも納得がいきます。
ピルを正しい方法で服用していても、肌荒れが治まらない場合や、体調不良を引き起こす場合は、きちんとやめることが大事です。

このように、自分にあった低用量ピルを、正しい方法で服用しなければ、肌荒れ改善どころか、むしろニキビや肌荒れが悪化します。
お医者さんにきちんと相談した上で、しっかりと注意事項を守ることが、ピルによる肌質改善の一歩となるのです。

ピルの副作用について

ピルには、本来の目的以外にも、肌質の改善や生理痛の軽減など、メリットが多くあります。
しかし、服用に躊躇したり、低用量ピルを否定的に思っている人がいるのも現実です。
その大きな要因と思われるのが、低用量ピルの副作用です。

顔が急にむくんだり、体重が増えたりと外見の副作用やイライラしてしまう精神的なものまで様々な副作用が心配されています。
さらに、湿疹や吐き気、頭痛など、直接体調不良に関わる副作用も報告されています。

では、何故このような副作用がおこるのか説明していきます。
女性ホルモンの量は個人差が大きく、一人一人体内のホルモン環境が異なっています。
だからこそ、生理痛の痛みや、月経時の経血の量には個人差があるのです。

しかし、ピルは個人個人に合わせて、ホルモンの配合をしているわけではありません。
それぞれ違うホルモン環境に対して、一定量のホルモンが配合されたピルを服用するわけですから、ピルの合う合わないによって、副作用が出る人出ない人がいるのも当然のことなのです。

服用初期は、まだホルモン環境にピルが馴染めず、副作用が出やすい段階ともいわれています。
特に、ピルに配合されているエストロゲンは体重の増加や吐き気、頭痛などに大きな影響を与えます。
エストロゲンは美肌をつくるホルモンと言われてますが、同時に女性らしい体をつくるホルモンとしても知られています。

つまりエストロゲンは、妊娠や出産に備えて、丸みを帯びた体をつくろうとするのです。
そのため、一時的な体重の増加を引き起こす原因になっているのです。
さらに、エストロゲンが痛みを促す効果があるため、頭痛や吐き気が起きる原因にもなってしまいます。

ピルは、元々避妊のための薬です。
したがって、妊娠しないように妊娠状態の体作りを促す作用があります。
体重の増加も、体や顔のむくみもその影響を大きく受けているのです。
元々の役割を考えると副作用が出る原因にも納得ができます。
その一方で、現代では副作用がほとんど出ないように作られているピルもつくられています。
それが、低用量ピルです。

低用量ピルが発売される前には中用量ピルが一般的でした。
この「低」と「中」の差は、副作用を誘発するエストロゲンの配合量が大きく関係しています。
そのため、エストロゲンを最大限に抑えた低容量ピルは、体に影響が出ないようになっています。
副作用をできるだけ抑えるならば、自分にあった低用量ピルからはじめることがおすすめです。

ピルを海外通販で購入

ピルのメリット・デメリットをしっかり認識し、服用を決めたとしても、いざ購入に戸惑う人も多いのではないでしょうか。
また、産婦人科に行くのが不安な人もいるのではないでしょうか。
今では、購入方法が多様化し、クリニックだけではなく、問診をした上で、薬局で購入することも可能になっています。

しかし、その一方で、独自で海外から個人輸入することもできるようになっています。
低用量ピルが、買いやすくなったのはいいことかもしれませんが、リスクが高いのも事実です。
本来、低用量ピルも医師の処方が必要になっています。薬が自分に合わなければ、体に与えるリスクが高くなってしまいます。
ドラッグストアやコンビニで売られている薬とはわけが違うのです。

さらに、日本では数種類の低用量ピルしか認可されておらず、成分はもちろん品質や製造過程も厳しくチェックされています。
こんなに厳しく安全性が管理されている日本のピルでも、お医者さんの処方がないと薬局などで購入ができないのです。

ところが、海外だと日本ほど安全性や品質の管理が厳しくないうえに、製造過程の衛生面・安全面が分かりません。
さらに、お医者さんの処方がないまま購入できるので、いろいろな薬を購入することも可能になります。
個人の独断に委ねられ、副作用のリスクも上がってしまいます。
安全性の保証がないため、なにか起こったとしても、自分自身の責任になってしますのです。

安全性の面以外にも、服用の仕方にも問題が出てきます。
個人輸入の場合、お医者さんから説明を受けず、自分自身で説明書を読み、注意事項や服用方法を守っていかなければなりません。

低用量ピルは、服用方法によって、副作用が出たり、体に悪影響を与えることが多々あります。
それを説明書のみで済ませるのは少し不安ですし、日本語の説明書がなければ、読むのも一苦労です。
大事な部分を読み残して、注意事項を守れなかったという事態もおこるかもしれません。

このように、日本での購入に比べ、不安要素が多々あります。
その他の個人輸入同様、騙されるというリスクもあります。
日本の低用量ピルよりも安い、気軽に購入しやすいなど、個人輸入ならではのメリットもあるかもしれません。
しかし、低用量ピルといえども一歩間違えれば、自分の体に悪影響を及ぼすものとなります。
きちんと自分の体のことを考え、お医者さんの処方をしっかりと受けた上で購入をすべきなのです。