オイリー肌改善

MENU

オイリー肌・脂性とは

オイリー肌とは、おでこ、鼻、あごなどのTゾーンを中心に、顔が全体的にあぶらっぽい、あぶら浮きしやすい肌質のことを言います。
オイリー肌は、脂性(あぶらしょう)なんて言われたりもしますね。

皮脂の分泌が活発で、洗顔をしたりあぶらとり紙などであぶらをオフしても、またすぐあぶら浮きが気になるという人が多く、ニキビが一番できやすい肌質、肌トラブルを一番抱えやすい肌質、というような印象もありますよね。
お仕事中もテカりやべとつきが気になって、休憩をする度にあぶらとり紙であぶらをオフする、お化粧が皮脂でヨレやすく休憩時間の度にお化粧直しが必要だ、という人もいるでしょう。

そもそもお肌がオイリーに傾く仕組みは、お肌が皮脂を過剰に分泌することが原因ですが、皮脂の分泌や皮脂を作ったりという指令をつかさどるものは、男性ホルモンとして知られているテストステロンや、副腎皮質ホルモンの一種であるアンドロゲンというホルモンです。

通常であればこのテストステロンやアンドロゲンは互いに良いバランスを保ちながら皮脂腺を増やし、また皮脂を作り出したりするのですが、それがストレスや生活習慣などの乱れや食生活のバランスの偏り、そして遺伝的要因が原因などでバランスを崩してしまうことで必要以上に皮脂を作り出し分泌してしまいます。

そしてこれらのホルモンが皮脂をバンバン作り分泌する稼働のピークは、10代の思春期と、40代ごろの2回。
特に思春期の頃に脂性がひどかった女性はそのままの状態が40歳ごろまで続くといわれています。
また、遺伝的な要因もかなり関係してきますので、両親のどちらか(もしくは両方とも)が脂性肌だった場合は、その子もまた脂性肌である可能性は限りなく高くなります。

ですが何も遺伝的要因やホルモンバランス(テストステロンやアンドロゲンの働きが活発)の乱れだけが原因ではなく、お肌がオイリーに傾いている原因の一つには‘乾燥’が原因である場合も多いのです。
お肌が水分を失ってしまい表皮を保護しようと過剰に皮脂を分泌してしまうことが原因で、その結果オイリー肌(のよう)になってしまうのでしたよね。

このようにオイリー肌になってしまう原因は、ストレスや生活習慣などから来るホルモンバランスの乱れ、遺伝、乾燥、誤ったスキンケアなどがあります。
遺伝的なものは仕方がありませんが、もしあなたのオイリー肌がホルモンバランスの乱れや乾燥から来るものや間違ったスキンケアが原因なのであれば、改善の余地は十分にあります。

オイリー肌にできやすいニキビ

オイリー肌の人はドライ肌の人に比べると皮脂の分泌が活発です。
そのせいでどうしても毛穴が皮脂でつまりやすくなってしまいます。

オイリー肌の人、ドライ肌の人、オイリードライ肌(混合肌)の人、この3つの中ではやはりオイリー肌の人が一番ニキビができやすく、重症化もしやすいです。
繰り返したくさんできるニキビやテカテカの脂浮きが気になってあぶらとり紙やもっと強力なあぶらとりフィルムをこまめに使用しすぎたり、洗顔をしすぎたりすると、逆にお肌が外的から自身をまもるための保護バリアの機能を果たすはずの必要な皮脂まで落としてしまうため、よけいにお肌はバリアを作らなければ!と皮脂を分泌してしまいます。

これではよけいに顔はテカテカ、そしてアクネ菌の栄養源となる皮脂が常にたっぷりある状態になってしまうので、ニキビがなおさらできやすい環境になってしまいます。

オイリー肌ニキビのケア方法

それではオイリー肌さんのニキビケアの方法について説明します。

毎晩必ずクレンジングをする

これはお化粧をしている、していないに関係なく、オイリー肌さんは毛穴にへばりついた皮脂やヨゴレをきれいにオフするためにクレンジングを使う必要があります。
そして朝起きた時も脂浮きが気になるようならクレンジングを使用してもOKです。

洗顔フォームをしっかり泡立てる

洗顔フォームを洗顔ネット等で泡立てて使用します。
一番皮脂がよく分泌されるおでこ、鼻筋、あごのTゾーンは念入りに指の腹を使って洗い、逆に皮膚が薄く脂浮きの少ない口のまわり、頬などのUゾーンや目元はゴシゴシこすらないように泡を転がすようなイメージで洗います。

またニキビができている部分は刺激を受けるとよけいに悪化するため特に優しく洗います。
そして洗顔ブラシや化学繊維の洗顔スポンジのようなものもニキビのできている肌にはよくなりので避けましょう。

基礎化粧はしっかり

オイリー肌さんは顔がベトベトするのが気になってあまり化粧水や乳液をしっかり付けたがらない人が多いですが、実はこれは間違いです。
化粧水を少しずつ手に取り数回にわけてお肌に入れていきましょう。
このときコットンを使うとせっかくの化粧水をほとんどコットンが吸い取ってそのまま蒸発してしまうので、必ず手のひらに化粧水をとるようにしましょう。

またパッティングは一見パタパタとお肌の奥まで化粧水を入れられそうなイメージがありますが、とにかくニキビができている時は刺激を避けたいのでパッティングはNGです。
化粧水はお肌に合うものであれば何でも良いですが、よりニキビ治療や予防に効果的なのは殺菌作用や炎症をおさえるタイプの薬用のものがおすすめです。
乳液やクリームはオイリー肌さんの場合は目元、口の周り、頬などの皮膚の薄い部分にごく少量つけるだけでもOK。

注意したいのが、ニキビのできているところに乳液やクリームを塗ると色素沈着を起こす可能性があるので、ニキビの上は避けます。
ニキビは刺激に弱いので、マッサージやピーリングやフェイシャルエステなどは厳禁です。

オイリー肌さんはこのようなスキンケアでニキビに対処していきましょう。

またオイリー肌になりやすい環境を作ってしまう食材には、‘脂質’があげられます。
脂質を多く含む食材を控えることで、皮脂の分泌を少し抑える効果も期待できます。

食事を摂る際は脂質を多く摂りすぎていないか、食事内容から見直すことも大切です。
脂質を多く含む食材を控えることも大切ですが、あまり極端に脂質を取らなくなるとこれはこれでまたお肌や健康にもよくありません。

ここでビタミンB2の出番です。
実はビタミンB2には、脂質や糖類の分解、消費などを助けてくれる働きがあるのです。
消化、吸収されずにあまってしまった余分な脂質を、脂肪として体内に蓄積するのではなく、ビタミンB2の働きで脂質をエネルギー源として筋肉が消費することができるようになるのです。

ビタミンB2を多く含む代表的な食材は、レバーやうなぎなどの精のつくもの、さば、いわし、魚卵などの魚類、そして納豆などです。
これらの食材はビタミンB2が豊富ですが、好き嫌いが分かれやすい食べ物ですね。

私は魚が全般的に苦手ですし、納豆も食べられません。
このような人は、サプリメントからビタミンB2を摂取するという方法もあります。

また、もし脂質が多すぎて筋肉が脂質を消費しきれない!といった場合でも、体の外にそのあまった脂質を出してしまえば問題ありません。
つまりどういうことかというと、排便と一緒に出してしまおう!ということです。
食物繊維を多く含む食材を積極的に摂ることは、腸内環境も整えてくれ、余分な脂質を体外に排出してくれます。
グリーンピース、いんげん豆、エンドウ豆などの豆類や、干ししいたけ、干し柿、干しイチヂク、海藻類やごまなどにも食物繊維は豊富です。
食事の際は意識をしてこれらの食材を取り入れてみましょう。