ニベア

MENU

ニベア

昔からどこででも手に入り、そして安く、コストパフォーマンスが抜群ということで広い層の年代の人に愛用者がいるニベアクリーム。
普段は青い丸い缶に入って売られていますが、たまに期間限定デザインの缶が出たりしてそれを集めるのもまた乙。

冬場はハンドクリームや全身の保湿剤としても使用できて、それに加え美肌効果やニキビにも効果があるというような話を耳にしたこともあるのではないでしょうか。
元々はドイツの化粧品メーカーが製造、販売を開始したニベアクリームですが、最近ではハリウッドセレブたちがこぞって愛用しているドゥラメールのクリームと成分が似ていて同じような効果が期待できる(かも?)ということで流行に敏感な女性たちが密かに愛用しているということもあり、日本で販売が開始されて約50年経った今でもコンスタントに売れている定番のクリームです。

ニベアクリームの主な成分はホホバオイル、クエン酸、スクワランなどの保湿成分でできているので、保湿はバッチリ。
どちらかというと夏向けというより、秋から冬場にかけての乾燥する時期に使用頻度が増えるといった方が多いのではないでしょうか。
私も冬場はハンドクリームとして枕元に期間限定デザインのニベア缶をひとつ常時しています。

そんなニベアクリームですが、果たしてニキビに効くという噂は本当なのでしょうか?
ニベアの主な成分は保湿成分ですが、お肌の保護や(冬場などはアカギレやひび割れの予防に最適ですね)、お肌のターンオーバーを整えてくれたり皮脂のバランスを整えてくれたり、またお肌のキメも整え美肌にしてくれるといったような効果もあります。

昔のニベアクリームは油分がたっぷりで保湿はしっかりしてくれるけどなんだかべたつく…といった使用感を感じることが多かったのですが、最近の新しいニベアクリームはワセリンの純度の高い物を使用し流動パラフィンと呼ばれるミネラルオイルの精度も上がっていることから昔のニベアのいやなベタつきがなくなっています。

しかし、ニキビができているところ(皮脂が毛穴をふさいでしまっている状態)にさらに油分であるニベアクリームを塗ると、逆にニキビが悪化するのでは?という懸念がありますよね。
ニキビの大敵は、余分な皮脂(あぶら)ですが、これは皮膚に油分が足りないことから皮膚が自己判断でその不足した油分を補おうと皮脂を分泌させてしまい、結果的に皮脂が過剰に分泌され皮膚の上に油分があまってしまいその皮脂が毛穴をふさいでしまうことからニキビにつながります。

ですが、肌が乾燥を感じ取るより先にお肌に油分を補給してあげれば、どうでしょうか?
実はある程度油分をお肌に補給してあげておくことで、皮脂は「あ、今日はあぶら、足りてるなぁ。」と判断し皮脂の過剰分泌をやめていきます。
そしてその状態を続けていくうちにお肌の水分と油分のバランスは徐々に均整を取り戻し、ターンオーバーが正常化していき、ニキビが減っていくのです。

つまり、ニベアクリームである程度油分を補ってあげることで、結果的にニキビの減少、撲滅につながるというわけですね。
そしてなかなか治らない色素沈着をおこしてしまったニキビ跡や凹凸になってしまったニキビ跡にもニベアクリームは持ち前の‘お肌のターンオーバーを整える力’でニキビ跡を目立たなくしてくれますが、こちらは軽い凹凸程度なら治せますがひどい凹凸のニキビ跡だとニベアで治すことは難しくなってきます。

ニベアの効果的な使い方は、お風呂上りに化粧水を手のひらで数回にわけてお肌に入れた後、手のひらにニベアクリームを取り体温で伸びやすいように温め、まだ化粧水で表面が湿っている状態のお肌にニベアをなじませます。
こうすることでより肌への浸透を良くすることができます。

また、真冬などの空気がとても乾燥しているとき、お肌が乾燥して元気がないなぁ、といったときにはお風呂でのニベアパックもおすすめですよ

やり方は、
  1. しっかり石鹸や洗顔フォームを泡立てて丁寧に洗顔をする
  2. 洗顔フォームが残らないようにしっかりすすぎ、顔についたお湯(水)は拭き取らずにそのままニベアクリームを塗る
  3. 蒸しタオルをそのうえに乗せ10分ほど放置する。(蒸しタオルは無くても可)
  4. コットンでニベアをオフ。このときコットンに何もつけていないとお肌を擦るような形になり負担になるので、化粧水などをコットンに含ませてオフ
  5. コットンで拭ききれなかったニベアクリームを、ぬるま湯で洗顔し落とす
  6. お風呂からあがったら普段どおり、化粧水→保湿のお手入れ
と、ここまでニベアクリームは実はニキビに効くというお話をしましたが、すべてのニキビや肌質に使えるわけではありません。
何度も繰り返しますが、ニベアクリームの主成分は油分です。

お肌の乾燥から皮脂の分泌が過剰になりニキビができているというタイプの乾燥肌の方や、ずっとオイリー肌だと思っていたけど試しに保湿系の基礎化粧品に切り替えてみたらなんだかお肌の調子が良いかも?といったような‘気づかなかったけど実は乾燥肌だった’という方のニキビには、ニベアクリームは使用できます。

しかし、もともとの体質がオイリー肌の方や10代にできる思春期ニキビには、油分たっぷりのニベアクリームをニキビ治療のために使用することはおすすめできません。
もともとオイリー肌の人がさらに油分たっぷりのニベアクリームを使用することで肌荒れしてしまうこともあるので、そういった肌体質の方には注意が必要です。