アーモンドチョコレート

MENU

チョコレート・アーモンドはニキビの原因って本当?

チョコレートって、とてもおいしいですよね。
私はお菓子の中でチョコレートが一番好きです。
生理中にチョコレートを食べると出血が長引くとよく聞きますが、それでもいい、わかっていても食べたい!
そんな魔力がチョコレートには秘められています。

アーモンドを単体で食べることはあまりありませんが、チョコレートの中によくアーモンドが入っているやつ、ありますよね?
あれも死ぬほどおいしいです。
アーモンドチョコレートも、アーモンドなしのチョコレートも、どちらも口に含めばとろんととろけて甘くて香ばしい香りが鼻の奥をくすぐります。
至福のときですね。

ですが、チョコレートやアーモンドは食べ過ぎるとニキビができる、と、聞いたことはないでしょうか?
チョコレートもアーモンドもどっちもおいしいのに、ニキビの原因になるの?
ここでは、その疑問の真偽を検証してみたいと思います。

チョコレート

多くの人は、チョコレートを食べるとニキビができやすくなる、という都市伝説(?)を信じています。
私もこのリサーチをするまではチョコレートはニキビの原因になるとずっと考えていました。

ところが、アメリカにあるアメリカ食品医薬品局という機関はなんと、
Acne is not caused by diet.No scientific connection has been found between diet and acne.
No food-not chocolate,fries,pizza,or any other food-has been shown to cause acne.

という声明を発表しているのです。

つまりどういうことかというと、
ダイエットをしたからといってニキビができるという科学的根拠は見つかっていません。
そして食事、例えばチョコレート、フライドポテトやピザなどといったような食べ物であっても、ニキビの原因になっているという根拠はありません。

ということを言っているのです。

チョコレートもフライドポテトなんかのファストフードやピザも、どれもおいしいけれど体に良いか悪いかと言われればどちらかといえば悪い部類に入るような食べ物ですよね。
なのに、チョコレートもフライドポテトも、直接ニキビの原因になっているという明確な根拠は、いまだ見つかっていないのだそうです。
チョコレートをバクバク食べまくったからといって、チョコレートを食べたことが原因でニキビになるわけではないのですね。

ですが、チョコレートを食べ過ぎるとニキビを悪化させる可能性があります。
チョコレートに含まれる脂質や糖質は、多く摂りすぎると皮脂の分泌を促進させてしまいますので、結果的にニキビが悪化するということなのです。

ちなみに、チョコレートに限らず脂質や糖質を多く含む食品はニキビ悪化につながる恐れがあります。
背あぶらこってりのラーメン、ポテトチップスなども、やはりニキビにとっては良くはありません。
ニキビができるからといって大好きなチョコレートを控えている方、大丈夫です、適度であればチョコレートを食べてもそれが直接のニキビの原因にはなりません。

ただ先ほども述べたように、すでにニキビができてしまっている状態でチョコレートを食べ過ぎると、そのニキビを悪化させてしまう可能性があるため、ニキビがあるのにチョコレートをたくさん食べる、といったことはおすすめはできません。

アーモンド

それでは、アーモンドはニキビの原因となりうるのでしょうか?

この世にはアーモンドチョコレートというニキビの原因(として知られている)の2トップがなんと抱き合わせになったコンビが存在します。
チョコレートはニキビとの因果関係はないということを先ほど説明しましたが、ではアーモンドのほうはどうなのでしょうか。

アーモンドの主成分は、オレイン酸やリノール酸といったような不飽和脂肪酸や、ビタミンやミネラルや食物繊維などです。
オレイン酸という名前を最近よくテレビなどでも耳にしますが、オレイン酸などの不飽和脂肪酸というものは、血液中の悪玉コレステロールをやっつけて善玉コレステロールを増やしてくれるので、血液をサラサラにたもってくれる働きを持っています。

ピーナツを含め、ナッツ類にはほとんどこの不飽和脂肪酸が含まれています。
体に害はなく、むしろ血液をサラサラにしてくれるので、体にとっては良いものです。
そして抗酸化作用のあるビタミンE(細胞の老化を防いでくれますのでアンチエイジングにはもってこいの物質)、体内の脂肪をエネルギーに変換するお手伝いをしてくれるビタミンB2、体に不必要となった脂質などを含む老廃物を排泄物と一緒に対外に排出してくれる手助けをしてくれます。

いずれも体にはプラスに働いてくれるものです。
ただカロリーで言えば、100グラムあたりおよそ600キロカロリーも有するため、食べ過ぎるとすぐカロリーオーバーにつながります。
食べる時は量に気を付けましょう。

と、ここまで見る限りではアーモンドには体に悪いものは特に含まれてなさそうですね。
これがニキビの原因につながりうるのでしょうか?

答えは、ノー!

チョコレートと同じく、アーモンドが直接のニキビの原因とは考えにくいとされています。
ただやはり食べ過ぎるとカロリーオーバーにつながる点、そしてアーモンドを加工する際にはオイルを使用してローストするために、そのオイルが酸化し古くなっていたとするとあまり体には良いものではありません。
酸化した古いオイルで胃腸の調子が狂い、そのことが原因でニキビの出没に…といった可能性は大いにありえます。
ですので、チョコレートもアーモンドも、適量食べる分には何ら問題はない、ということです。

ニキビの原因になりやすい食べ物

さきほどチョコレートもアーモンドも、直接それらがニキビの原因につながることはない、ということを説明しました。
アメリカ食品医薬品局は、食事とニキビを関連付けるものははっきりとは見つかっていない、といった旨をはっきりと言っています。

ですが、実際は直接のニキビの原因につながらなくても、今あるニキビを悪化させる可能性のある食品といった意味では数多く存在します。
ニキビの悪化につながる=ニキビの原因か?と言われれば、その人その人で解釈の仕方が少しずつ変わってきそうですが、私たち一般の人間からすれば、その食品がニキビの直接の原因になろうがなるまいが、少しでもニキビを悪化させるおそれがあるとすれば、それはもう‘ニキビの原因になる’と言ってしまっても良いのではないかと思います。

少し例を挙げてみましょう。
例えば、コーヒーはどうでしょうか。

コーヒーにはカフェインが含まれています。
そしてお砂糖やミルクを入れて飲む人は、カフェインと一緒に脂質や糖分も一緒に摂取することになりますね。
料理やお菓子作りなどでも使われる白砂糖(ここれはコーヒーに入れます)は、実はビタミンBやマグネシウムなどのミネラルに消費されやすいのです。

ビタミンBは余分な脂質などを分解したり消費したり、皮脂の分泌を抑制しターンオーバーを整える働きがあります。
ですのでもしビタミンBが消費され不足してしまえば、お肌のターンオーバーは乱れやすくなり、皮脂の分泌量も必然的に増えてしまいます。
結果的には、ニキビになりやすくなってしまうので、コーヒー、お菓子などに含まれる白砂糖は要注意なのです。

ミルクも主成分は脂肪分。
脂質の過剰摂取は皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまうため、こちらも毛穴が詰まりやすくなりニキビができやすくなってしまいます。
コーヒーに入れるミルクでも、コーヒー用に加工されたミルクは要注意です。

というのも、コーヒー用に加工されているミルクは牛乳とは成分が全く違い、植物性脂質をベースに加工されているものですが、実はこれにはトランス脂肪酸などをはじめ添加物がいっぱい入っています。
人工的に作られた食品添加物をたくさん使用しているため、体にとっては有害であり、老廃物として体外に排出されないものは体内に残留してしまいます。
これが原因で代謝が落ちてしまうため、ニキビができやすくなってしまいます。


このように、アメリカ食品医薬品局は食事とニキビの因果関係を否定してはいますが、間接的に言えばニキビの悪化→ニキビの原因ともいえます。
脂質や糖質を多く含む食べ物はニキビの悪化、お肌のターンオーバー機能の低下、皮脂の過剰分泌などにつながりますので注意しましょう。
なにごともほどほどに、適量を摂る、摂りすぎないことが大切ですね。