胸元ニキビの治し方

MENU

胸元ニキビができる原因

ニキビは顔だけに限らず、背中、太もも、二の腕など、体のあらゆる場所にできる可能性があります。

胸や背中などは意外と皮脂の分泌が活発な部分ですので、デコルテ周辺のニキビに悩む女性は少なくありません。
皮脂の分泌が活発なことが原因のひとつに挙げられますが、このほかにも胸元ニキビができる要因はたくさんあります。

基本的には、ストレスや睡眠不足などで体のホルモンバランスが崩れている時にニキビはできやすいです。

今自分のホルモンバランスが良い調子なのか、それとも崩れているのか、仕事が立て込んでいたり私生活でゴタゴタがあったりすると自分でも明らかにストレスをため込んでいるな、とわかるものですが、実際はホルモンバランスなんて目に見えないものなので、なかなか把握しにくいですよね。

些細な出来事でも実は自分が気づかぬうちにすごくストレスに感じていることだってたくさんあります。
ここでは主に、胸元にできるニキビの原因や治療法についてお話しします。

胸元ニキビの原因はひとつじゃない!

ニキビができる原因は、ストレスからくるホルモンバランスの乱れ、肌のターンオーバー機能の低下などが主な原因ですが、胸元にできるニキビの原因としては他にもたくさんの要因があります。

顔にできるニキビの原因菌はアクネ菌という菌ですが、胸元や背中、おしりや腕など全身にできるニキビの元凶は実はアクネ菌ではなく‘マラセチア菌’というカビの一種なのです。
しかし、アクネ菌が原因でできるニキビと同じように、毛穴が皮脂、汗、ヨゴレなどでつまり炎症を起こしてニキビになるという点ではまったく同じです。

そのほかにも胸元ニキビにつながるリスクファクターはたくさんありますので、その他の原因を一つ一つ見ていきましょう。

@食事内容が原因
バランスの悪い食生活は胸元ニキビの原因の一つです。

そしてカロリーの高い脂っこい食事は皮脂の分泌を促進させてしまい、毛穴も詰まりやすくなってしまうためニキビになってしまいます。
また、乳製品は体には良いですがこちらも毛穴を詰まらせやすくなるので摂りすぎには注意しましょう。

A下着や衣類による刺激が原因
下着や衣類がこすれて刺激になり胸元にニキビができることがあります。

何度も何度も摩擦を受けたお肌は、その部分だけ赤くなったりして弱くなりますよね。
弱っている状態のお肌はニキビができやすく、またナイロンやポリエステルなどの化学繊維でできた洋服や下着を身に着けていることで通気性が悪くなり、蒸れたり擦れたりしてニキビができると考えられています。

Bシャンプー、リンス、ボディソープのすすぎのこしが原因
背中ニキビと同様に、シャンプーやリンス、ボディソープなどのすすぎのこしが胸元ニキビの原因になっている場合があります。
洗い残されずお肌に残ったままのシャンプーやボディソープが毛穴を詰まらせ炎症が起こり、ニキビになってしまうのです。

C乾燥
顔にできるニキビと同様に、乾燥が胸元ニキビの原因になっていることもあります。

お肌が乾燥するとお肌はその乾燥を防ぐために皮脂を必要以上に分泌するようになってしまうため、皮脂で毛穴がふさがり炎症を起こし胸ニキビにつながります。

D髪の毛の毛先が胸元に触れることが原因
日中仕事場や学校などで髪の毛に見えないホコリやヨゴレが付く場合があります。
そのヨゴレがついた毛先が胸元に触れると、それが刺激となりニキビができる原因になってしまいます。

E寝具、衣類など、身の回りの物が汚れているのが原因
寝具や衣類などが清潔でない場合、それらについた汚れが胸元に付着することで胸元も不潔な状態になりニキビの発生へとつながります。
同じパジャマを何日も着て寝たりシーツや枕などをあまりこまめに交換しないという人は気を付けましょう。

F汗をかいたまま放置することが原因
汗をかいたらそのまま放置することもありますが、こちらもお肌を清潔に保てなくなりニキビができやすくなってしまいます。


このように、胸元ニキビにつながる原因はたくさんあります。
みなさんも思い当たる節があるのではないでしょうか。

胸元ニキビを予防するには?

胸元ニキビができる原因についてはわかりましたが、できるだけニキビができてしまう前に予防したいものですよね。
では胸元ニキビの予防法を考えていきましょう。

@汗をかいたらこまめに拭き取る、汚れたら着替える
汗をかいたまま放置したり、汚れた衣類や寝具がニキビの原因につながります。
胸元ニキビの原因菌、マラセチア菌は、不潔な環境が大好きです。

なるべく汗をかいたらその都度拭き取ったり、汗などで汚れた下着や衣類はこまめに交換しましょう。
シーツや枕カバーなどの寝具のこまめな交換もお忘れなく。

A肌あたりの良い衣類を着る
肌触りがガサガサの素材のものや、通気性の悪い化学繊維でできた衣類は、お肌にとってとても刺激を与えてしまうものです。
なるべく綿やシルクなどのオーガニック製品や、肌にあたっても痛くなったりかゆくなったりしない優しい素材の洋服を選ぶようにしましょう。

無香料や微香性の柔軟剤を使用するなどの工夫も大事です。
そしてなるべくこまめに洗濯する、取り替えることも大切です。
大事な洋服だからと2日、3日と洗わずに着ることも多々ありますが、確実に胸元ニキビの原因となってしまいますので気を付けましょう。

Bお肌にシャンプーなどのすすぎ残しがないようにする
デコルテ周辺にすすぎのこしたシャンプーやボディソープが残っていることも胸元ニキビの原因の一つです。
すすぎ残しがないように、入浴時に体を洗う時の順番にも気を付けましょう。
上から下へ、髪の毛をあらったあと上半身、下半身の順に洗い流していくと、すすぎ残しを防げますよ。

C食事内容に気を付ける
ビタミンCを含めビタミン群は皮脂が酸化するのを防いでくれます。
ビタミン群を多く含んだ素材を取り入れ、バランスの取れた食事を心掛けましょう。

D保湿をしっかりする
ニキビの原因のひとつには極度のお肌の乾燥もあります。
お風呂上りなどにお肌のお手入れをするついでに、顔や首まで塗った化粧水や保湿クリームをデコルテ周辺にものばしておきましょう。

E髪の毛が胸元に当たらないように気を付ける
洗髪は毎日し髪の毛を清潔に保ちましょう。
そして毛先があたるだけでも刺激になるため、なるべく胸元にあたらないように髪の毛を結うなどの工夫をしましょう。

特に髪の毛を切ったあとは毛先が鋭利になっているため刺激も倍増しますので気を付けましょう。

胸元ニキビを早く治すには

より早く胸元ニキビを治そうとするのであれば、規則正しい生活リズムを身に付けることが大切です。

まずは毎晩寝る時間と起きる時間をできるだけ一定にするようにしましょう。
できれば午後10時から朝2時までの間のゴールデンタイムに熟睡できていることが一番望ましいのですが、夜の10時に寝るのは、家事をしている主婦の皆さんもお仕事をされている方も、なかなか難しいと思います。

ですので、最低でも6時間は睡眠時間を取るようにしましょう。
睡眠サイクルが整えばホルモンバランスが整うようになりお肌のターンオーバーも整ってくるので、胸元ニキビの早期改善を助けてくれるでしょう。